ロレックスを修理・オーバーホールする場合に悩むのが、日本ロレックスに依頼をするべきか、一般の時計修理専門店に依頼するかがあると思います。

このロレックスは、日本ロレックスでのメンテナンスが安心・安全なことから、ロレックスユーザーの多くの方の依頼先となっているようです。しかし、一般の時計修理専門店に持ち込まれるロレックスユーザーの方もたくさんいらっしゃるようです。

今回は、そんなロレックスの修理・オーバーホールでのその依頼先についてお伝えしてみようと思います。

日本ロレックスでのメリットとデメリット

ロレックスのオーバーホールに関しては、日本ロレックスへの依頼が最も安心・安全でおすすめなメンテナンス依頼先となります。数ある時計メーカーの中でも、この日本ロレックスはメンテナンスやサポートに力を入れている時計ブランドの一つです。

また、東京都江東区東陽町の修理センターでは30年以内に製造された時計のパーツ全てが、大量にストックされていますので修理不能になることも少ないでしょう。

日本ロレックスへのメンテナンス依頼における最大のメリットは、安心・安全だということです。ですので、ロレックスの修理・オーバーホールは、お金がかかってもよいなら日本ロレックスに依頼することが良いでしょう。また同時に、この高額なメンテナンス費用が最大のデメリットであるとも言えます。

定期的なメンテナンスをおこなわれている、一般的な3針モデルでも50,000円前後のメンテナンス費用が発生してしまいます。また。長期間メンテナンスを怠ったロレックスに関しては、100,000円を超えるメンテナンス費用の請求はザラにあります。

日本ロレックスも、他の時計メーカー同様に部品交換は積極的におこなわれます。なので、定期的なメンテナンスをおこなっていても部品交換をすすめられますし、長期間メンテナンスを怠ったているような場合は高額な部品代の請求を覚悟しなければなりません。

日本ロレックス依頼における最大のデメリットが高額なそのメンテナンス費用にあるようです。また、日本ロレックスはユーザー1人1人の事情や希望を汲み取るような手間や時間もないようです。

日本ロレックスへの依頼方法はこちら

時計修理専門店でのメリットとデメリット

では、民間の時計修理専門店へのロレックスの修理・オーバーホール依頼の場合はどうでしょうか。この場合の最大のメリットが、そのメンテナンス価格にあります。

このメンテナンス価格は、日本ロレックスと比べても3割~半分くらいはお安くなるのが普通です。ですが、この民間の時計修理専門店選びで注意したいのが、ロレックスの「純正部品の確保」が可能なのかということにあります。

ロレックスもそうなのですが、今では多くの時計メーカーが、社外への部品供給をおこなっていない場合が多いです。なので、民間の時計修理専門店の場合の最大のデメリットが、このロレックス純正部品の確保にあります。

しかし一方で、このロレックス純正部品の調達が可能な時計修理専門店は、それだけロレックスの修理・オーバーホールに長けているということが言えます。

ロレックスの純正部品の調達が可能な時計修理専門店は、ロレックスの公認時計修理店であるか、またはロレックスの修理・オーバーホールに特化した民間業者となるからです。

ですので、ロレックスの純正部品の調達が可能である民間時計修理専門店であれば、そのロレックスを日本ロレックスよりも割安に、また安心して任せられる依頼先となるでしょう。

安心として任せられるロレックスの修理・オーバーホールの時計修理店はこちら

最後に

今回は、ロレックスの修理・オーバーホールの依頼先について、メーカーと民間の時計修理専門店との違いについてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。

ロレックスの最もおすすめなメンテナンスの依頼先は日本ロレックスとなります。ですが、同時に高額なメンテナンス費用の負担があります。定期的なメンテナンスを行うことが、最もその時計のコンディションを保つためには重要な要素となるでしょう。

なので定期的なメンテナンスを行うためにも、リーズナブルな民間の時計修理専門店への依頼を検討されるロレックスユーザーも多いようです。コストの見直しも大切です。