時計オーバーホールは機械式時計のみならず、クオーツモデルの時計であっても必須のメンテナンスとなります。また、そうすることが一生を共に時を刻む唯一の方法となります。

特に、初めて時計オーバーホールを検討して実施しようと思われる方は、不安な点やわからないこともあるかもしれません。そこで、こちらのページでは時計オーバーホールを行う前にチェックしておくべき6つのポイントについてお伝えしていきます。

時計のオーバーホールなぜ必要なのか?

まずは、そもそも時計オーバーホールがなぜ必要なのかを知る必要があるでしょう。「機械式時計は一生使えるの時計」といわれますが、それはきちんとしたメンテナンスを続けてこそ言えること。

機械式時計もクオーツモデルの時計も、何年も使用しているとムーブメントの潤滑油が乾燥し、その結果として歯車がスムーズに動かなくなります。さらに、そのまま使用し続けることで内部のギアなどの部品の摩耗が進み、時間の遅れや最悪は動かなくなってしまいます。

特に潤滑油の劣化によって、各部品の摩擦によって発生する細かい金属粉が、各部品の破損やサビの発生を助長してしまうことも、深刻なトラブルが発生してしまう原因です。そのようなトラブルを避けるためにも定期的なオーバーホールを行って、常にベストなコンディションを維持することが必要なのです。

保証書や納品書を残しておく

時計オーバーホールは基本的に3~5年のスパンで行いたいものですが、前回のオーバーホールがいつだったのかを記憶しておくことが困難になることもあるでしょう。そのような場合に便利なのが、購入時にもらった保証書や前回オーバーホール時の納品書などです。

購入時にもらった保証書には購入年月日が、オーバーホール時の納品書には作業完了日が明記されているはずですので、これらの書類は捨てずに大切に保管しておきましょう。

ですが、これらの保証書や納品書がなければ、オーバーホールを受けられないということではありません。また、この保証書やオーバーホール時の納品書は、何らかの理由でその時計を売却することになることもあるかもしれません。その際の査定に影響することもあるかもしれませんので、やはり大切に保管しておくことが良いでしょう。

オーバーホール依頼時のチェックポイント6つ

時計オーバーホールは、その時計メーカーの修理部門もしくは正規代理店経由でのメーカー依頼と、民間の時計修理専門店への依頼という大きく2つの依頼先があります。

この2つの依頼先のうち、正規代理店経由と一部の時計修理専門店以外への依頼では、ネットを通じた郵送によるピックアップサービスを利用することが一般的です。

そこで次に、このネット経由での郵送によるオーバーホー依頼時にチェックしておきたいポイントをお伝えしていきます。

時計の症状を具体的に伝える

時計の遅れや止まりといった症状もないような時計であれば「定期メンテナンス」での依頼である旨を知らせるだけで特に記述することないでしょう。ですが、不具合があってのオーバーホール依頼時には、具体的にその時計の状態や、その症状までの経緯を伝えることが必要な場合もあるでしょう。

当然、プロの1級時計修理技術者が点検と分解を行いますbので、その原因は特に説明されなくても判明するものですが、たとえば「ダイビングに行ってから時計が遅れる」など、トラブル要因のヒントを提供すれば、より作業しやすくなるのは間違いありません。

郵送パックを確かめる

近年は配送業者のサービスの質も上がっているとはいえ、そこはやはりしっかりと梱包されている荷物であることがその前提となるでしょう。実は、この時計郵送時に使用される「郵送パック」は、それこそ実に様々なモノが存在しています。なかには自分で梱包して郵送するようなハードな時計修理店なども存在します。

大切な時計を送るわけですから、郵送の際に強い衝撃で内容物を壊してしまうことがないように、緩衝材などで丁寧に包む専用の「郵送パック」を送ってくれる時計修理専門店なのかを確認しましょう。良心的な時計修理専門店には必ず、時計専用の箱で作られた「郵送パック」を送ってきます。

キャンセル時の費用の確認する

時計オーバーホールは、まずはその時計の内部の状態を見たうえで見積もりが出されます。この見積もりに納得して正式依頼を行うことで、正式にオーバーホールの作業が開始されます。当然、この見積もりに納得が出来なければキャンセルすることができます。

ですが、このキャンセルを行うことで時計メーカーや時計修理店では、返送時の費用と「キャンセル料」が発生することがあります。なのでオーバーホール依頼時には、この「キャンセル料」の有無も確認も行っておきましょう。キャンセル料がかからない時計修理専門店が一般的ですが、その場合でも返送費は必要なところがほとんどです。

見積もり内容は必ず確認する

オーバーホールの見積もりには、その時計の状態と共に交換部品が発生の有無が記載されているのが一般的です。また、オーバーホールの見積もり時には合計金額の他に、どれぐらいの期間がかかるのか、交換部品発生時にはその部品代がいくらなのかの記載があります。

部品交換の発生がないような場合でも、自分の時計がどのような状態で、どのような不具合があるか、どのパーツが傷んでいるかなどをこの時点で把握することができます。そして一般的に、消耗品であるパッキンやゼンマイの交換を推奨するメーカーや時計修理専門店が多いようです。

見積もりが出たら原則7日以内に返事する

オーバーホールを依頼すると、その時計の到着の連絡の後、さらに1週間前後で見積もりが出るのが通常です。オーバーホールの正式な作業開始は、この見積もり連絡の返信によって開始されることになります。

通常であれば、この見積もり連絡から1週間以内に返事がなければ、電話やメールで問い合わせが来るはずです。ですが、この連絡にも返事をしなければ、依頼した時計を返送してくる業者のあるようですので注意しましょう。

ケースの傷など…思い出として残したいような場合はその旨を伝える

時計オーバーホールでは、その時計の外装研磨をオーバーホールの基本メニューに加えていたり、オプションサービスとしていたりします。なので、この外装研磨が不要な場合は、その内容を確認しておきましょう。

「思い出のケースの傷は残したい…」「オリジナルを大切にしたい…」など、あえて傷を残し研磨しないという選択をすることもあるかもしれません。これらの要求に対応してくれるかどうかを事前に確認しておいても良いでしょう。

 まとめ

今回は、時計オーバーホールの依頼時に確認したいことについてお伝えしてみました。このオーバーホールは、時計メンテナンスでは必須の作業となりますが、その作業時間に疑問を持っている時計ユーザーも少なくありません。

この作業時間に1ヶ月前後などの一定期間を要するのは「作業の順番待ち」をしているから、と思われる方も多いようですがそうではありません。オーバーホールは、定められたマニュアルに沿って分解・洗浄・組み立てなど、正しく正確に行わなければなりません。

また、各種検査を厳格に何重にも行ない、精度の確認など最後のチェックには1週間ほどかけてじっくりと高精度に仕上げるために、一定期間の時間がどうしても必要となります。なのでオーバーホール依頼時には、そういったことを十分に理解して、時間的にも余裕を持って検討をされてみてはと思います。