オーバーホールと修理の違いを良く分かっておられない時計ユーザーの方も多いのではないでしょうか。「時計は壊れた時にオーバーホールしてもらえばいいんじゃない」というように考えておられる方もまた多いようです。

なので、このページではオーバーホールと修理の違いと、その必要性ということについてお伝えしみようと思います。

そもそもオーバーホールって?

オーバーホールとは定期的に時計を分解し、点検を行うことでその時計本来の働きを取り戻すことです。

t4

その際には、すべての部品の分解を行い、隅々まで洗浄や清掃、防水などの処置を施します。機械式腕時計のオーバーホールは必ず、古い油を除去して新しい油を注油するという必要不可欠なメンテナンスがあります。

この古い油の除去と新たな油の注油が、このオーバーホール本来の目的と言って良いでしょう。ですので、時計の分解と組み立てを行うのが1級時計技師にしか出来ない特別な技術を要するわけです。

修理が必要なのは?

時計そのものに何らかのトラブルを抱えた場合や、または部品交換が必要となった場合には修理対応となるでしょう。ですが、オーバーホールを依頼していて修理が必要になるケースも多いです。

目に見えて壊れているようであれば、すぐに修理依頼を出すのでしょうが、「ムーブメントを開けてみて故障が見つかる」ということがよくあるからです。

オーバーホールを依頼して、もし万が一修理が必要な部品が見つかっても、その修理を別途依頼しないという方もいらっしゃいます。正確な判断が出来る時計修理専門店においては、パーツ交換が必要な場合は必ず見積もり時に連絡されます。なので、オーバーホールを開始してからの追加での別途依頼を薦めてくる時計修理業者には注意が必要ですよ。

オーバーホールを依頼する場合は、事前のその時計修理専門店の評判や、見積もり依頼時に確認されることをおすすめします。

最後に

今回は、オーバーホールと修理の違いなどについてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。

時計のオーバーホールというものは、定期的に時計を分解、洗浄、注油を行うことで、部品を劣化させることなくその時計のパフォーマンスを維持するために欠かせない作業となります。

定期的なオーバーホールを行い、大きな修理が必要となるまで部品を劣化させないよう、大切に愛用されることを望みます。

おすすめ時計修理専門店