スイスメイドなどの高級時計などの購入時には「保証書」が必ずついている場合が普通です。とはいえ、、それが「中古」での購入であった場合は、必ずしもこの「保証書」がついてくることもないかもしれません。

この「保証書」は、その時計を証明する意味も含めて「保証書」の有無は重要な要素だろうと思います。ですので、このような「保証書」は、それが本物だという証明書のようなものなのではないかとも思います。

しかし、この「保証書」は、修理やオーバーホールといったメンテナンスの際には必要になるのではないか?と、思われる時計ユーザーの方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

このページでは、そんな「保証書」の時計修理・オーバーホール時での必要性などについてお伝えしていきます。

時計メンテナンスに保証書は必要ありません。

時計修理・オーバーホールに「保証書」は必要ありません。その時計が本物であるかどうかはムーブメントを見ればわかるからです。

また、その時計が「偽物」であった場合は、メーカーはおろか民間の時計修理専門店であろうと間違いなく受付されることはありません。この「保証書」というものは、ブランド時計を購入された方に対して安心を形にしたようなものであるようです。

また、この「保証書」があるから「本物」、ないから「偽物」だとの判断を各時計メーカーが行っているわけではないようです。なので、あなたの時計が本物であるならば「保証書」の有無はメンテナンスには関係ありません。

保証書は意味がない?

一般的に考えられる保証書の意味合いとしては、その時計がその時計メーカーの本物かどうかという観点でいうと大いに意味があるのではないでしょうか。

しかし、修理・オーバーホールなどのメンテナンスとなると、「保証書」があるからといってもその存在価値はほとんどありませんね。ですので、その保証書の効果が大きく発揮される事としては、その保障期間内での故障や不具合にものが一番大きな「保証書」の存在意義となるでしょう。

万が一、保障期間内に故障しまっても、その保証内容に適した故障であれば、保証書の掲示によって交換部品代や修理代の無料等のサービスを受けられるということですね。

いくら新品であっても初期不良というのは避けられないトラブルともいえます。このような場合の保険的な意味合いとして強いのが、この保証書なのではないでしょうか。

終わりに

今回は、時計修理やオーバーホールなどのメンテナンスでの保証書の必要性についてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。

この保証書の有無で、その時計修理・オーバーホールなどのメンテナンスを躊躇われている方もいるのかもしれませんよね。ですので、もしもその時計に「保証書」がなくても、本物であれば時計修理・オーバーホールのメンテナンス依頼には何の支障もありませんよ。

おすすめの時計修理専門店へ