時計修理・オーバーホールの依頼先としては、その時計ブランドのメーカーでの対応を希望する方が多いようですよね。ですが、最近ではメーカーでの対応から一般の時計修理専門店などへの依頼へとシフトしていっているようです。

というのも、最近での時計修理専門店とメーカーでのそれは価格の差こそあれ、技術的・サービス的な差を感じないのが実情のようです。

今では、多くのメーカー出身の時計技師や、それぞれのブランドに特化した時計技師の存在も、時計修理専門店の認知度と知名度にも大きく現れているのではないでしょうか。

そのようなことから、ここ最近は時計修理・オーバーホールの依頼を時計修理専門店へと依頼される時計ユーザーが大変増えてきているようです。しかしながら、多くの時計修理専門店では、どうしても時計修理の依頼をお引受できない場合もあるようです。

今回は、時計修理専門店において、時計修理の依頼をお引受できない事柄と、その理由などについてお伝えしていきます。

部品交換のみはNG

ロレックスのオーバーホール – ロレックス 時計の修理

多くの時計修理専門店での時計修理をお引き受けできない理由の一つに、その時計修理修理が部品交換のみの場合があります。というのも、時計の部品交換の場合であってもオーバーホールの場合であっても、時計技師の仕事としては、ムーブメントを開ける事に変わりはないからです。

また、交換部品によってはオーバーホール同様にムーブメントを一つ一つバラす必要もあるかもしれません。なので、多くの時計修理専門店においては、一律に部品交換での引受をお断りしている場合が多いようです。

そこには、やはり時計修理・オーバーホールでのリーズナブルな価格の維持もあるでしょうし、時計技師の仕事上の問題もあるのかもしれません。ですので、部品交換のみでのメンテナンスの依頼は、メーカーでの対応のみに限られる時計ブランドもあるかもですね。

しかし、一部の時計修理店では、そのような部品交換のみでの対応も検討してもらえるお店もあるようですので、そのあたりの確認を事前にされることが良いようです。

部品交換のみでの対応も可能な時計修理店はココ

ベルト修理や外装部品のみ

オイスター ブレスレット ロレックスの時計製造

時計のムーブメント内の部品交換と同様に、ベルトや風防といった外装部品のみでの時計修理の場合も引受出来ない時計修理専門店が多いです。やはり、そこにもリーズナブルな価格を維持するためにも必要だとの理由があるようです。

このような外装部品交換のみの場合では、その料金のほとんどが部品代としてメーカーなどの部品発注先へと支払わられるだけとなるからです。時計技師の手間賃としてのオーバーホールなどでの利益とは、その性格も違うからでしょう。

時計修理店は、時計技師の確保とリーズナブルなオーバーホール価格を維持するためには、このような外装部品交換のみといった、直接利益につながらない依頼の場合も一律にお断りしていることが多いようです。

外装部品交換のみでも対応可能な時計修理店はココ

最後に

今回は、多くの時計修理店が時計修理を引受出来ない事柄とその理由などについてお伝えしてみました。多くの場合の理由となるのが、部品交換のみといったオーバーホールを伴わない依頼にあります。

この部品交換のみでの場合は、その時計ブランドのメーカーでの対応となる場合が多いようです。しかし、この場合も民間での時計オーバーホール価格以上の高額な請求を覚悟しなければならないでしょう。

ならば、部品交換のみでの依頼を考えたのならば、時計修理店での同時のオーバーホールの検討をされる価値があるかもですね。

おすすめ時計修理店ランキングへ