時計修理やオーバーホールをお考えの方のその依頼先としては、まずはその時計メーカー、デパート等の正規代理店、さらには一般の民間時計修理店の3つが、その依頼先候補となるのが一般的ではないでしょうか?

もちろん、その時計メーカーに依頼するのが一番簡単で安心な依頼先となるとは思います。ですが、その際にはメーカーこその高額な請求を覚悟しなければならない場合も多いことでしょう。

では、メーカー・デパート・民間時計修理店のこの3つの時計修理・オーバーホールの依頼先ごとに、その時計修理やオーバーホールの作業には何か違いがあるのでしょうか?

今回は、そんな時計修理やオーバーホールの依頼先の違いによって、その作業にも違いがあるのかといったこといについてお伝えしていきます。

メーカーも民間時計修理店も作業内容に変わりはない!

基本的な時計修理・オーバーホールの作業内容はどこへ出してもほぼ変わりはありません。メーカーであろうと民間の時計修理店であろうと、その修理・オーバーホールの作業内容に大きな違いはありません。

また、デパートなどのメーカーの正規代理店への時計修理店・オーバーホールの依頼は、その全てがメーカー送りかメーカーから認可された民間の時計修理店送りとなります。

なので、時計修理やオーバーホールといった時計メンテナンスは、メーカーか民間かの2つの選択が一般的です。

メーカーと民間時計修理店の違いは部品交換

THE SWATCH GROUP JAPAN KK

基本的に時計修理・オーバーホールに伴って部品交換が発生した場合の交換部品は、一部の粗悪な民間時計修理店を除いて、その時計の純正部品が使われます。

また、メーカーも一般の民間時計修理店でも、その時計修理・オーバーホールの作業内には違いはなく、分解洗浄・部品交換・注油・組み立ての手順に沿って進められます。

ですが、時計修理に伴う部品交換の場合に違いがあります。メーカーでの分解掃除・修理では、原因となりうるパーツ・壊れたパーツは例外なく、そのほとんどの部品は一式交換する場合が一般的です。

一方の民間時計修理店では、メンテナンスすることで使える部品は使用し、消耗部品以外は洗浄・注油を丁寧に行こない部品本来の精度を高めることで、使える部品は使用するといったスタンスの時計修理店が多いです。

また、一部のメーカーは内部パーツのどの部品を交換したかまでは開示してくれないメーカーもあるようですが、優良な「時計修理店」は部品交換が発生した場合には、その交換された部品の返却がありますので、どの部品が交換されたのかも容易に知ることができます。

最後に

今回は、時計修理・オーバーホール依頼におけるメーカーと民間時計修理店との違いについてお伝えしましたが、メーカー依頼では部品点数に比例して費用がかさむ場合があります。また、一般の時計修理店では直せるものは交換せず、直して使用したりする場合が多いようです。

なので、そのような部品交換の考え方には違いがあるようです。そういった事も、時計修理・オーバーホール費用に大きな差が生まれるのかもしれません。

おすすめ時計修理店ランキング