時計修理の千年堂は、今では年間実績45,000本を超える超大型の時計修理専門店です。年間多くの時計修理・オーバーホールの依頼を引き受ける千年堂では高評価の反面、一定の悪い評価というものが少なからず存在しています。

こちらのページでは「時計修理の千年堂」の悪い評価の中から、共通する5つの項目とそれぞれの対処法についてまとめています。

【時計修理の千年堂】評価が悪い項目5つと対処法

● 時間がかかる
● 持ち込みが出来ない
● 修理不能なメーカーやモデルがある
● オーバーホールが必要
● 現金決済のみ

「時計修理の千年堂」の評価の中でも、悪い評価として特に多いのが上記5つです。上記のような評価は「時計修理の千年堂」に限った問題でもないのか知れませんが、実際に「時計修理の千年堂」に対してよく見られる評判や意見となっています。

時間がかかる【納期】

● 時計修理繁盛期を避ける
● 余裕を持って検討する

時計修理の千年堂での平均的な時計修理・オーバーホールでの納期は4週間前後となっていますが、その時計のメーカーやモデルによっては前後することは良くあることです。また年末年始や春から夏にかけては、時計修理繁盛期ということもあって長めの納期が予定されてしまいます。

この納期に当てられる時間のほとんどが修理開始までの待ち時間と、修理完了後に行われるランニングテストに費やされる時間となります。基本的に時計の分解や組み立ては、技術者によって若干の違いはありますが作業自体は数時間で完了します。

なので「時計修理の千年堂」の修理・オーバーホール依頼は時計修理繁盛期を避けること程度でしか、ユーザー側で後期の短縮を図ることが出来ないのかも知れませんので、余裕を持って検討してみるのが最良です。

* 2020年4月29日(水)〜5月6日(水)の期間はゴールデンウィーク休業となり、お問い合わせ・見積もり・修理等の業務はすべて休みとなります。

持ち込みが出来ない【郵送のみ】

● スムーズな業務の確保
● 店舗を持っていない

時計修理の千年堂は独自の時計修理のための店舗を持っているわけではありません。なので、時計修理の千年堂への時計修理・オーバーホールの依頼は、すべて郵送を介して行われています。

また、年間45,000本以上の時計修理・オーバーホール依頼を受ける千年堂では、そのスムーズな業務を行うためには徹底した業務管理も必要です。そういった考えのもと、郵送のみでの対応業務に特化しているのかも知れません。

修理不能なメーカーやモデルがある【純正部品入手】

● 純正部品入手困難なメーカー・モデルの引き受けは出来ない
● 定期オーバーホールで部品交換を防ぐ

最近では外部への純正部品の流通を一切行わない時計メーカーが一部存在しています。例えば、自社ムーブメント搭載モデルに切り替えている「ブライトリング」は、その象徴的な時計メーカーかも知れません。このような一部の時計メーカーは国内・海外を問わず部品の流通を行っていません。

必然的に部品交換が必要なこのようなメーカーやモデルは、その対応がメーカーのみとなってしまいます。また、こういった一部の時計メーカーは高額なメンテナンス費用の設定や「並行差別」を行うメーカーがほとんどです。

なので、純正部品の外部への供給を行わない時計メーカーやモデルの時計は、その部品交換のリスクが生じることがないように、定期的なオーバーホールで部品の劣化や消耗を防ぐことが大切になるかも知れません。

オーバーホールが必要

● スムーズな業務と価格の確保
● オーバーホールも検討する

時計修理の千年堂が年間多くの実績を得ている裏には、徹底した業務管理があるからです。時計修理の千年堂はベルト交換や電池交換、または部品交換のみといったオーバーホールを伴わない時計修理の依頼の引き受けを行なっていません。

時計修理の千年堂の大きな特徴は時計メーカーやモデルによって、そのメーカーやモデルに特化した技術者が対応することにあります。部品交換のみの修理もオーバーホール作業も、同じく技術者の手を必要とします。

このような時計修理の千年堂の対応は、年間多くの依頼をスムーズに完了するだけではなく、リーズナブルな価格を維持するためには必必要なことだったのかも知れません。なので、ベルトなどの外装の修理や時計の不具合を感じた場合は、同時のオーバーホールを検討してみても良いかも知れません。

現金決済のみ【クレジットカード不可】

● 代引きのみ
● 対応を待つしかない

時計修理の千年堂に対する意見で多いのが「現金」のみでの決済方法にあります。また、その方法も代引きしかありません。クレジットカードだけではなく、スマホ決済が主流になりつつある現在のキャッシュレス時代に「代引きのみ」は大きなデメリットかも知れません。

時計修理の千年堂の誕生当初は、「時計修理」といった特殊な取引形態がクレジット決済を不利にしたのかも知れませんが、今では多くの時計修理店での「キャッシュレス決済」が急速に浸透していることから、「時計修理の千年堂」でのクレジットカード等の決済方法の追加があるかも知れません。

まとめ:自身の要望と比較してみる

こちらでは「時計修理の千年堂」の評価の中でも、悪い評判を5つご紹介してみました。時計修理の千年堂は年間45,000本以上の多くの実績がありますが、その一方で批判的な意見もあるようです。

今回ご紹介した悪い評判といったものは「時計修理の千年堂」に限らず、他の時計修理専門店やメーカーであっても同じようなことがあるでしょう。なので、結局は自身の要望を満たすことができるかどうかが、その時計修理・オーバーホール依頼先の検討材料となるのではないでしょうか。

こちらのページが、「時計修理の千年堂」への時計修理・オーバーホール依頼の際の検討材料の1つになればと思います。

「時計修理の千年堂」公式サイト