【TAGHeuer】

タグ・ホイヤーの修理・オーバーホールはシエンが安心な訳とその実績!

最終更新日:2022.1.25

タグホイヤーは1916年に世界初の100分の1秒の計測が可能なクロノグラフを発表し、スポーツウォッチ専門メーカーとしての地位を確立して、ロレックスやオメガに次いでその名声を得ている時計ブランドとなっています。

また、その機能的で美しいムーブメントが一目でタグ・ホイヤーだと認識されることも、このタグ・ホイヤーの所有欲を擽られるところかもしれません。その一方で、このタグ・ホイヤーは時計メンテナンスにおいては、多くのタグ・ホイヤーユーザーからの批判の対象なっています。

タグ・ホイヤーは時計修理・オーバーホール等の時計メンテナンスにおいて「エドワードクラブ」という名の会員システムを設け、タグ・ホイヤー正規品とタグ・ホイヤー並行品においてメンテナンス価格に格差を設けている時計ブランドの一つに数えられます。

そこで今回は、そんなタグ・ホイヤーユーザーの時計修理・メンテナンスにおいて、タグ・ホイヤーユーザーからの支持が高い「時計修理専門店シエン」でのタグ・ホイヤー修理・オーバーホール依頼の現状とタグ・ホイヤーユーザーの声と合わせてお伝えしていきます。

時計修理専門店シエンへのタグ・ホイヤー依頼が安心な訳

時計修理専門店シエンでは、タグ・ホイヤーも修理・オーバーホール依頼ではタグ・ホイヤー専任の時計技師とタグ・ホイヤー専用工具での対応となっています。タグ・ホイヤーの裏蓋はねじ込み式になっているモデルが多く専用工具が必須であり、ムーブメントに傷などが付くことがないような専用工具の手入れが欠かせません。

さらに分解・洗浄後の各パーツは、タグ・ホイヤー専任の時計技術者が摩耗や劣化の状態を精査していくことになります。この各パーツの摩擦・劣化の判断が最も大切なタグ・ホイヤーのオーバーホールだと言えます。この工程の見極めができるのも、長年タグ・ホイヤーと関り、各パーツの劣化の具合や、将来に渡っての劣化の予想判断ができるのもタグ・ホイヤー専任技術者だからこそです。

交換が必要なパーツは、タグホイヤーの純正部品を使用して対応させて頂きます。CIENでは独自の仕入れルートがあるためタグホイヤーのパッキンから歯車まで様々なパーツをご用意しています。

時計修理専門店シエン公式サイトを見てみる

時計修理専門店シエン タグホイヤー オーバーホール価格表

● >クオーツ・・・・・・・・16,000円(メ-カー価格30,000円)
● クオーツ・クロノグラフ・28,000円(メ-カー価格45,000円)
● 自動巻き・・・・・・・・23,000円(メ-カー価格45,000円)
● クロノグラフ・・・・・・30,000円(メ-カー価格60,000円)

※オーバーホールと同時の新品仕上げ:7,000円(通常20,000円)

時計修理専門店シエンのタグ・ホイヤー実績

タグホイヤー カレラ クロノグラフ

● オーバーホール・・・・・・30,000円
● 新品仕上げ(セット価格)・7,000円
● パッキン・・・・・・・・・1,000円
● ゼンマイ・・・・・・・・・5,000円
● 精度調整(日差+10秒以内)・0円
● 消費税・・・・・・・・・・3,440円
● 合計・・・・・・・・・・・46,440円

作動不良から動かなくなってしまったとのことでオーバーホール依頼。ムーブメント油切れとゼンマイ劣化の症状のために部品交換対応となっています。とはいえ、定期交換部品のみの交換となっています。

タグホイヤー グランドカレラ クロノグラフ

● オーバーホール・・・・・・34,000円
● ゼンマイ・・・・・・・・・5,000円
● リバーシング・・・・・・・7,000
● 精度調整(日差+10秒以内)・0円
● 消費税・・・・・・・・・・3,680円
● 合計・・・・・・・・・・・49,680円

動作不良のオーバーホール症状と、クロノグラフの針ズレによるオーバーホール依頼です。ムーブメント油切れ、針が緩んでいるため取付直し、また動力源であるゼンマイの劣化と自動巻き機能のリバーシングが摩耗劣化による部品交換対応となりました。

タグホイヤー リンク

● オーバーホール・・・・・・23,000円
● 新品仕上げ(セット価格)・7,000円
● 精度調整(日差+10秒以内)・0円
● 消費税・・・・・・・・・・2,400円
● 合計・・・・・・・・・・・32,400円

特に不具合はないが定期オーバーホールでの依頼です。ムーブメントの油汚れが見られるものの、定期的なメンテナンスが行われている個体ということもあって部品交換対応はありません。定期的なメンテナンスを行うことが結局は、コストダウンにつながる良い見本のようです。

まとめ

● タグ・ホイヤー専任の時計技術者の在籍
● 純正部品供給ルートの確立

時計修理専門店シエンが、タグ・ホイヤーユーザーからの信頼が厚く、安心・安全なタグ・ホイヤーの修理・オーバーホールの依頼先として認識されているのは上記2つの理由からでしょう。

また、時計修理専門店シエンの特徴の一つである「新品仕上げ」の外装研磨には、タグ・ホイヤー専任の時計研磨技術者が対応しているようです。タグ・ホイヤー独自のヘアライン仕上げや鏡面仕上げにも対応しているのもタグ・ホイヤーユーザーの信頼を勝ち取っているようです。

時計修理専門店シエン公式サイトを見る

関連記事

  1. パネライ(PANERAI)並行差別|正規メンテナンスと修理店比較

  2. 【ロレックス】デイデイトの修理・オーバーホールができる時計修理専門店

  3. 時計修理専門店シエン無料見積もり依頼時の注意事項まとめ【重要】

  4. 【時計修理シエン】GMTマスターⅡ の修理事例・料金と完了までの流れ

  5. 【オメガ】オーバーホールをお考えのあなたへ!その選択肢は2つです!

  6. 【WATCH COMPANY】IWCの修理・オーバーホールの事例と料金…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

POPULAR POSTS

PICK UP

  1. 時計修理の千年堂

SPECIAL POSTS NEW POSTS

PAST POSTS

  1. 【時計メンテナンス】オメガのスウォッチグループジャパンの評判ってどうですか?
  2. IWCの時計修理・オーバーホールの並行差別の有無と依頼先と価格の違い
  3. フランクミュラーを中古で買ったけど正規品か並行品かわからない
  4. 【ロレックス】デイトナの修理・オーバーホールの時計修理専門店は限られている
  5. 【富山県】信頼できる時計修理・オーバーホールの3店舗【評判】
PAGE TOP