定期的にオーバーホールなどの時計メンテナンスをされている時計ユーザーの方は、このオーバーホールの重要性は理解されていると思います。しかし、初めての機械式時計の購入をされた方や、就職等で初めての機械式時計を贈られた方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、初めての機械式時計のメンテナンスをお考えの時計メンテナンス初心者の方へ向けて、オーバーホールにおける工程や作業をご紹介しながら、このオーバーホールの重要性についてお伝えしていこうと思います。

オーバーホールの全工程とその作業

時計オーバーホールは、ムーブメント内の部品全てを分解して組み立てまでの工程をそう呼んでいますが、その過程の中でも様々な判断が求められます。

特に各部品の劣化状態や、各部品の将来の劣化予想など…そのブランドに特化した時計技術者だからこそ判断できるポイントというものが存在しています。それでは、時計オーバーホールの各工程を順を追ってご紹介していきます。

①外装のチェック

s9

ムーブメントを開ける前に、外観の歪み、操作性、防水など不具合が起きていそうな箇所をがないかの確認が再度行なわれます。見積もり時でも行なわれていますが再度の確認となります。

②裏蓋を開ける

ベルトなどの外装品が外され、時計本体の裏蓋を開けムーブメントを確認します。裏蓋を開閉する際は専用の工具を利用しますが、ロレックスなどは専用の裏蓋開閉機が必要になります。

③ムーブメントを分解

t14

オーバーホールで最も重要な工程となります。ムーブメントを分解することで約100個ほどのそれぞれの部品単位に分解します。

④超音波洗浄

t4

各パーツはバラバラにしたあと、このようなカゴに入れられ、超音波洗浄器にかけられます。そうすることで、古い油や劣化した油を完全に取り除いていきます。

⑤組み立て

s5

完全に洗浄された各部品は、ムーブメント内に適切な量の潤滑油の注油を受けながら組み立てられていきます。

⑥時間の調整

k55

組み上がった時計は、測定器を使用して時間の遅れや進みがないように時計の精度を調整。機械式時計(手巻き・自動巻)の振動数や振りの強さ、進み遅れ具合などのタイミング調整を行っていきます。

k54

クオーツ時計の場合は、クオーツテスターを用いて進み遅れ具合などのタイミング調整が行なわれます。

⑦防水テスト

k15

防水対応の時計であれば、防水性の検査が行なわれます。多くの時計修理店では乾式防水テストが行なわれます。実際に水圧をかけるのではなく、その時計の防水性能を考慮した空気圧を掛ける事で、真空に近い状態を作り出し、防水性能や状態をチェックしています。

⑧ランニングテスト

k82

時計の制度に問題がない場合は、ワインディングマシーンにかけられ時間が正確に刻まれているか、自動巻き時計のゼンマイが巻き上げられているかの検査が4~5日程度行なわれます。

⑨オーバーホール終了

s9

オーバーホールを終えた時計は、カレンダー・時刻・外装検査などを行い、機能の最終確認を行っていきます。この最終確認で問題がなければ、プロの職人技によって仕上げられた時計は本来の動きを取り戻し、依頼主の元へと返却されることになります。

終わりに

今回は、オーバーホールの作業工程についてお伝えしてみましが参考になったでしょうか。特に機械式時計は、このオーバーホールを定期的に行うことで、あなたの一生と共に時を刻み続けることができます。

定期的なオーバーホールが、最もその時計のコンディションを最良に保ってくれます。時計修理・オーバーホールは、メーカーへの依頼が安心でおすすめな依頼先となりますが、同時に高額なメンテナンスの費用を覚悟しなければなりません。

そこでおすすめなのが民間の時計修理専門店です。定期的なメンテナンスを行うためにもコストの見直しを図ることは重要です。ですが、コスト重視で間違ったメンテナンス先の選択はトラブルの元となりますよ。

そのためにも、確かな技術と信頼のおける時計修理店の見極めも大変重要です。

おすすめ時計修理店ランキングはこちら