東京と大阪に店舗を構え、対面での時計修理・オーバーホールの依頼も可能で、また全国対応での郵送依頼を含め年間多くの時計修理・オーバーホール実績からも、多くのユーザーを抱えているのが「時計修理・オーバーホール専門店シエン」です。

この「時計修理・オーバーホール専門店シエン」に持ち込まれる時計ブランドの中でもロレックスは、その時計修理・オーバーホール依頼ナンバーワンの時計ブランドとなっているようです。

こちらのページでは、そんな「時計修理・オーバーホール専門店シエン」でのロレックスの修理・オーバーホールの実績についてお伝えしていきます。

時計修理・オーバーホール専門店シエンのロレックス実績画像

時計修理専門店の中には、「見積もり無料」「最高品質」「メーカー修理の30%~50%引き!」「ロレックス専門の修理職人」「各メーカー専門の修理職人を多数在籍」などと、虚偽の記載をした非常に粗悪な時計修理業者もあります。

そういった時計修理業者に大切なあなたの時計を委ねるのは、あなたにとって最悪の結果となります。また、そのような時計修理業者は新品の時計写真をイメージ画像として使っている場合が多いようです。

優秀な時計修理専門店として、ユーザーからの信頼を勝ち取った時計修理専門店では必ず、その実績を示す画像の掲載があるものです。時計修理・オーバーホール専門店シエンにおいても、その豊富なロレックスの実績画像の確認ができます。

豊富なロレックスの修理・オーバーホール実績がある時計修理専門店には、必ずこのような事例画像の掲載があるのが普通ですので必ず確認することをおすすめします。

時計修理専門店シエンでは、数知れずのロレックスのオーバーホールを手掛けてきました。ロレックスのオーバーホールは、ムーブメントを分解・洗浄し、経験豊富な技術者により調整を行います。

精度点検や防水検査、巻上点検も徹底し、お客様に安心してご使用いただけるようコンディションを仕上げさせて頂きます。

当店技術者は元ロレックスで経験をつみ、技術は勿論、新品仕上げの技術も、メーカーと同等以上の磨きを実現しました。 純正パーツで感動を与える修理・オーバーホールをお約束します。

https://www.cien-watch.com/rolex/

時計修理専門店シエンのロレックスオーバーホール価格

  • 手巻き・・・・・・・・・・・23,000円(メーカー45,000円)
  • 自動巻き(カレンダーあり)・・23,000円(メーカー44,000円)
  • 自動巻き(カレンダーなし)・・23,000円(メーカー43,000円)
  • GMT・ダイバーモデル・・・・23,000円(メーカー45,000円)
  • デイデイト・・・・・・・・・26,000円(メーカー55,000円)
  • デイトナ・・・・・・・・・・34,000円(メーカー60,000円)

ロレックスはメーカーへのメンテナンスの依頼が最も安心・安全なのは確かでしょう。ですが同時に、高額な費用の負担があります。また、部品交換時には関連する部品の一式交換が行われるのもメーカーならではの対応となります。

今では優秀な時計修理店ではメーカー出身者や、ロレックスに特化した時計技師の在籍も珍しくありません。時計修理専門店シエンも同様に、メーカー出身、ロレックス専任の時計技術者が対応します。

定期的なメンテナンスを行うことが、末永くコンディション良くロレックスと付き合う方法です。そのためにも、定期的なメンテナンス費用の見直しは大切なポイントとなるでしょう。

時計修理専門店シエン公式サイト