タグホイヤーはF1などのモータースポーツとの関わりが深く、数々のレーシング・クロノグラフを誕生させた時計ブランドとして多くのファンを惹きつけています。また、そのデザイン性から多くのビジネスマンにも愛用されているようです。

とはいえ、タグホイヤーも他のブランドウォッチ同様に、購入後のメンテナンスがその後のコンディションに大きく関わってきます。

こちらのページでは、その多くが「並行品」での購入となる時計ブランドの1つ「タグホイヤー」の正規メンテナンスでの「並行差別」や、その他タグホイヤーの正規オーバーホールについてまとめています。

タグホイヤー正規オーバーホールは1,5倍の並行差別あり

タグホイヤーは日本国内のみに「エドワードクラブ」という会員サービスがあります。この「エドワードクラブ」は、タグホイヤー正規代理店で購入された正規購入者向けに案内されています。なので、非正規購入者では「エドワードクラブ」への入会ができません。

この「エドワードクラブ」非会員は、正規オーバーホールでは会員比1,5倍の価格の提示が行われます。また「エドワードクラブ」会員であれば、交換部品発生時の交換部品代が30%割引となります。

タグホイヤーの正規メンテナンスでは「正規品」と「並行品」の間では大きなメンテナンス価格差が存在します。さらに「並行品」ユーザーは交換部品の部品代の割引もありません。

時計ブランドの多くは一律に定期交換部品を定める場合が多いために、正規メンテナンスでは多くの交換部品が発生する場合が少なくありません。

なので、タグホイヤーの正規オーバーホールの価格を総合的に判断すれば、この「並行差別」の価格差は大きくなる傾向にあります。

タグホイヤー正規依頼方法2つとオーバーホール価格

● 正規販売店への持ち込み
● ピックアップサービス

タグホイヤーの正規メンテナンスは上記2つの依頼方法があります。最も一般的なタグホイヤー正規オーバーホールの依頼方法となるのが、タグホイヤー正規販売店への持ち込みとなります。但し、この場合は代理店取次費用がプラスされた請求価格となります。

近くのタグホイヤー正規販売店を調べる

タグホイヤーの正規販売店への持ち込みが困難な場合には、ピックアップサービスを利用しての依頼が良いでしょう。ピックアップサービスは、請求先に届く郵送パックに時計を納めて指定のサービスセンターへと郵送する方法となります。

但し、タグホイヤーのピックアップサービスは配送料金が依頼者の自己負担となってしまいます。

ピックアップサービス

タグホイヤー正規オーバーホール価格と作業内容

区別 クオーツ 機械式 クロノグラフ
正規品 21,600円〜32,400円 32,400円〜43,200円 43,200円〜75,600円
並行品 32,400円〜48,600円 48,600円〜63,180円 64,800円〜113,400円
● 時計の真贋確認
● ケースとムーブメントの分離
● ケースの分解
● ケース及びブレスレットの洗浄(可能な場合)
● ムーブメントの分解あるいは交換
● ムーブメント部品の取り外し
● ムーブメントの洗浄
● ムーブメントの組み立て、注油、及び調整作業の過程で必要とされた部品の交換
● 電池交換(クォーツ時計)
● 外装部品の組み立て直し、防水性の復元(可能な場合)
● ケーシング
● タグホイヤー社既定による外観の最終検査
● タグホイヤー社既定による精度調整
● 防水性の復元(可能な場合)

タグホイヤーの正規オーバーホール価格は上記の通りですが、交換部品発生時には上記価格にプラスして部品代の請求が合わせて行われます。その際には「並行品」は割引適用外となっています。

タグホイヤーの正規オーバーホールは、「正規品」と「並行品」との間での「並行差別」が存在していますが、その作業内容に違いはありません。また、「正規品」「並行品」共に適切な部品の交換が行われますので、価格差以外の並行差別の存在はありません。

タグホイヤー正規オーバーホールでの注意点2つ

● ポリッシュはオプションサービス
● 保証期間は1年間(ヴィンテージは対象外)

タグホイヤーの正規オーバーホールは、他の時計ブランドでは一般的なサービスや保証に違いがあるようです。多くの時計ブランドが標準サービスとしているケースや、ブレスの外装部品の研磨サービスがタグホイヤーの正規オーバーホールでは標準サービスとなっていません。

これは、ロレックスやオメガのようにポリッシュを標準サービスにして、オーバーホール基本価格に含んでいるのとは対照的な作業内容となるようです。なので、ポリッシュを希望するユーザーは別途ポリッシュ費用が発生するということです。

次に、タグホイヤーの正規オーバーホールでの作業後の保証は1年間しかありません。これは、多くのスイスメイドの時計ブランドが標準としている「2年間」の半分の保証しかありません。さらに、ヴィンテージモデルは対象外となり、作業後の保証を受けることができません。

タグホイヤー正規オーバーホールの保証期間だけをとってみれば、時計修理専門店の一般的な保証期間との違いはないようです。さらには、ヴィンテージモデルであっても3ヶ月の保証を付ける時計修理専門店が多く存在することに比べ、正規オーバーホールの優位性を感じるタグホイヤーユーザーは少ないのかもしれません。

まとめ:タグホイヤーの正規メンテナンスは安心だが「?」な部分もある

こちらのページでは、タグホイヤーの正規オーバーホールについてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。タグホイヤーは「並行差別」を行う時計メーカーの1つです。なので、正規品ユーザーはメーカーが最もオススメな依頼先となるでしょう。

一方でタグホイヤーの並行品ユーザーにとっては、正規オーバーホールの依頼に積極的なユーザーは少ないのかも知れません。また、タグホイヤーは他の時計ブランドと比べ、そのサービス内容にも違いがあるようです。

タグホイヤーの正規メンテナンスの価格やサービスに疑問を感じるタグホイヤーユーザーは、タグホイヤーに精通した時計修理専門店での依頼を検討してみても良いのかもしれません。