ロレックスの各モデルの中でも成功者の証となるモデルが「デイデイト」ではないでしょうか。このロレックス・デイデイトは、そのユーザーのほとんどが日本ロレックスでの修理・オーバーホール等のメンテナンスを行なっているようです。

ですが、その高額なメンテナンス費用の負担を疑問に思うデイデイト・ユーザーの方もいらっしゃるようです。しかし、このロレックス・デイデイトはその依頼先が限られるモデルともなっています。

【ロレックス】デイ・デイトの修理・オーバーホール依頼先が限られる理由はロレックスだけど部品入手が非常に困難だから

ロレックスは世界的な時計ブランドということもあって、その部品の流通が盛んに行われています。また、並行品と正規品との間に大幅な格差を設けている一部の時計ブランドとは違い、正規品と並行品での時計メンテナンスに一切の違いがないのも特徴です。

なので、ロレックスの純正部品の入手は他の時計ブランドに比べても、比較的容易な時計メーカーです。しかし一部のモデルに関しては、その限りではないようです。デイデイトもそういった部品入手が非常に困難なモデルの1つとなっているようです。

ロレックス・デイデイトはステンレスモデル展開がありません。プラチナとゴールド素材のみが使われています。また、日付の他に曜日表記機構が搭載され、26か国の言語から選択が可能になっています。

こういったデイデイト独自の仕様もあって、デイデイトのみに使用される部品の存在が、さらに入手を困難にしている背景にあるようです。また、ロレックスはデイデイトの部品の流通に積極的ではないことも影響しているよよです。

【ロレックス】デイデイト修理・オーバーホールが依頼できる時計修理店は限られる

  • デイデイトの純正部品の入手が確率した時計修理専門店
  • プラチナ・ゴールド素材の研磨技術を要した時計修理専門店

ロレックス・デイデイトはデイトジャストの機械に曜日カレンダー機構が加わって、より複雑なムーブメントとなっています。なので、ロレックスに精通した時計修理専門店の中でも、よりデイデイトに精通した時計修理専門店を選択する必要があります。

また、ロレックス・デイデイトはプラチナとゴールド素材ですが、これらの素材は他の素材と比べてくすみやすく、外装仕上げを希望されるユーザーも多いことから、研磨作業には熟練の技術が要求されます。

ロレックス・デイデイトの修理・オーバーホールの依頼先に求められる条件を満たした時計修理専門店として、次の3つの時計修理専門店が推奨されています。

時計修理専門店シエン

ROLEX(ロレックス)デイデイトの修理・オーバーホールをシエンでは数多くおこなっています。古いデイデイトから現行モデルまで、純正パーツを使用の安心してご使用いただけるよう修理をおこなっております。精度は勿論ですが、金無垢モデルですのでくすんできた状態でも当時のような綺麗な状態に復活させます。

時計修理専門店シエン公式サイト

  • オーバーホール・・・・・26,000円
  • 外装仕上げ・・・・・・・10,000円

【大阪】〒531-0072 大阪府大阪市北区豊崎3-10-2  I & F (アイアンドエフ)梅田 205
TEL. 06-6292-8885 受付時間:11:00〜19:00
【東京】〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 新宿オークシティ 日土地西新宿ビル8階 サーブコープ内
TEL. 0120-068-065 受付時間:11:00〜17:00

時計修理・オーバーホール専門店オロロジャイオ

ロレックスデイデイトはプラチナとゴールドの素材しかなくステンレスモデルの存在しないハイクラスモデルです。内部はデイトジャストの機械に曜日カレンダーが追加されたもので、そのため機構がより複雑です。それでも弊社では通常デイトジャストと同じ料金でオーバーホールさせていただいております。外装の磨きのご依頼も一緒に受けることが多いのも特徴です。

時計修理・オーバーホール専門店オロロジャイオ公式サイト

  • オーバーホール・・・・・20,000円
  • 外装仕上げ・・・・・・・15,000円

【東京・中野】〒164-0001 東京都中野区中野2-11-5 吉田ビル2階
TEL:03-3383-0833 受付時間:11:00〜19:00 年中無休(年末年始除く)

時計修理専門店 WATCH COMPANY

当店ではロレックス(ROLEX)出身の技術者が在籍しております。日本ロレックスと同様の品質で、デイデイト/デイデイトⅡのオーバーホールや新品仕上げを行っています。オーバーホールの際、部品の交換が必要な場合は100%純正部品で対応させていただきます。最新モデルから、日本ロレックスでサービスを終了してしまったアンティークモデルもロレックス専属チームの技術者が新品同様の精度・外観に甦らせます

WATCH COMPANY公式サイト

  • オーバーホール・・・・・25,000円
  • 外装仕上げ・・・・・・・10,000円

【大阪心斎橋店】〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-12-21
心斎橋プラザビル新館(カルティエビル)4F  TEL:0120-214-707
【横浜店】〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1-1-7
ヒューリックみなとみらい10階 サーブコープ  TEL:0120-214-707
【名古屋店】〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-2-3
名古屋日興證券ビル4F TEL:0120-214-707

 まとめ:デイデイトの修理・オーバーホールの依頼先は限られる

ロレックスのハイエンドモデル「デイデイト」は、デイトナと並んで部品入手が困難なモデルとなっていることもあって、その修理・オーバーホールの依頼先は極限られた状態となっています。

ロレックスの修理・オーバーホールの依頼先の筆頭は日本ロレックスとなりますが、日本ロレックスではメーカーということもあって予防的に積極的な部品交換が行われます。したがって、そのメンテナンス価格も高額になりがちです。

またデイデイトは多くの時計修理専門店では、メンテナンスの引き受けを行うことが難しいモデルとなっています。ですが今回ご紹介した3つの時計修理専門店では、デイデイトの引き受け実績も豊富で安心・安全なその依頼先となりますので参考にしてみてはと思います。