今では多くの時計修理専門店があって、インターネットを利用して日本全国どちらの地域にお住まいでも関係なく、同様のサービスを受けることが出来ます。

また優秀な時計修理専門店を探すことも、日本全国どちらの地域でも簡単に見つけることも出来ると思います。時計の修理・オーバーホールはメーカーだけがその依頼先とはならないのも、ここ最近の特徴ではないでしょうか。

今回は、時計修理専門店への時計修理・オーバーホールの依頼が行われる時計メーカーをランキング形式でお伝えしてみようと思います。

時計修理専門店の修理・オーバーホールの引き受けランキングTOP10

時計修理専門店に持ちこまれる時計メーカーを各時計修理専門店のデータからランキングしてみました。

1位 ロレックス
2位 オメガ
3位 タグ・ホイヤー
4位 ブライトリング
5位 パネライ
6位 ブルガリ
7位 フランクミュラー
8位 IWC
9位 チュードル
10位 カルティエ

時計修理専門店に持ち込まれる時計の修理・オーバーホールが行われる時計メーカーは、その時計の販売本数に比例することがあるでしょう。また、メーカーによるメンテナンス格差の問題もあるかも知れませんが、今回の上位にランキングしている時計メーカーは納得の順位ではないでしょうか。

ロレックスやオメガはその市場の大きさもあって、時計修理専門店では年間多くの修理・オーバーホールの引き受けを行っています。なので、このような年間多くの実績を持つブランドでは、そのメーカーでのメンテナンスにおいての技術的な違いを見つけることは困難となるでしょう。

同時に他のランキング入りしている時計ブランドにも、同じようなことが当てはまります。例えば、タグ・ホイヤーやブライトリングは上位にランキングしていますが、これらのブランドは並行差別を行っているブランドになります。

しかし、時計修理専門店では年間多くの修理・オーバーホールの依頼の引き受けを行っています。並行差別を行う時計ブランドほど並行品ユーザーが多く、またそういった時計ユーザーはメーカーと時計修理専門店を上手に使い分けている側面もあるようです。

時計メンテナンスのコストはコンディションに影響する?

時計のコンディションを最適に保つためには定期的なオーバーホールが必要です。オーバーホールの重要性はわかっていても、なかなかその予定通りにはいかないものです。時計のメンテナンスはクルマの車検のように明確な定めがありません。

機械式時計をオーバーホールに出すタイミングは、3~5年に1度程度が最適だとされています。しかし、時計をオーバーホールに出すべきタイミングは、その時計の使われ方にも違いがあるようですが、最も大きな比重を占めるのは時計メンテナンスに要する費用の問題があるようです。

時計のオーバーホールは自分次第で好きな時に出すことができます。とはいえ、自分の時計がオーバーホールに出すべきなのかは、なかなか判断できない人も多いかもしれません。また、何か不具合が起こってから検討する人もいるでしょう。

もちろん、定期的な年数を決めて時期が訪れることで依頼するのが最も最良な方法とはなりますが、決して安いとは言い難いメーカーへの依頼も、時計修理専門店を考慮することで大幅なコストカットが測れるのは、結局はその時計のコンディションを保つ最良の方法となるでしょう。

まとめ

今回は、当サイトが推奨している各時計修理専門店での年間の修理・オーバーホール実績上位の時計メーカーをランキング形式でお伝えしてみました。年間の時計修理・オーバーホール実績は各時計修理専門店によっても違いがありますが、最も多くの修理・オーバーホールを引き受ける時計修理専門店では年間30,000本以上の豊富な実績で多くの時計ユーザーを抱えています。

今回ご紹介した時計ブランドは、もしかするとメーカー以上の実績となる時計ブランドも少なくないのかも知れません。また時計ブランドによっては、メーカーの半額程度で修理・オーバーホールの引き受けを行う優秀な時計修理専門店もありますので、時計メンテナンスのコストカットを検討される場合には参考にされてみてはと思います。