フランクミュラーは、そのデザインと遊び心溢れる文字盤で芸術的なセンスを感じる、個性的な時計として人気のブランドです。そしてフランクミュラーは正規品と並行品とでは、そのメンテナンスにおいて強烈な差別が存在する時計ブランドでもあります。

しかし、そのフランクミュラーを中古で購入した場合は、そのお店が正規店なのか並行店なのかわからない場合もあるでしょう。また、個人間で手に入れた場合も同様でしょう。今回は、フランクミュラーを中古で購入したり、手に入れた場合の対処方法についてお伝えしていきます。

【フランクミュラー】中古で買ったけど正規品か並行品かわからない場合に出来ること

  • 正規品か並行品かを調べてもらう
  • 正規品は証明書の発行を依頼する
  • 5,000円の手数料が必要
  • 時計を預ける

中古で購入したフランクミュラーが正規品か並行品かを確認するためには、フランクミュラー日本総代理店「ワールド通商」へ時計の型番やシリアル番号を伝えることで調べてもらうことが可能です。

「ワールド通商」にて正規店販売のフランクミュラーが判明した時計は「販売証明書」の発行が可能となります。ただし、「販売所梅書」の発行には、時計を一時的に預ける必要と5,000円の手数料の請求がなされます。

ワールド通商フリーダイヤル:0120-090-617

【フランクミュラー】保証書の名義変更は?

保証書の名義変更は行っておりません。商品が国内正規販売品であれば、商品番号、シリアル番号等にて確認が可能なため、メンテナンス等の際には、所有者の変更が問題になることはありません。

フランクミュラーの正規店購入時に発行される保証書の名義変更は行っていません。しかし時計の所有者の変更が、その後の修理・オーバーホール等に影響することなく、引き続き同様の処置が取られますので問題もありません。

並行品と判明してもメンテナンスは問題ない

フランクミュラーの並行品はメーカーでのメンテナンスの受付を行っていませんが、並行品のフランクミュラーであっても時計修理専門店へ依頼することで、メンテナンスが問題になることはないでしょう。

とはいっても、フランクミュラー は日本国内で純正部品の入手が困難な時計ブランドとしても知られています。なので、フランクミュラーの修理・オーバーホールの依頼先は時計修理専門店選びが大切です。

  • フランクミュラーに精通した時計修理専門店である
  • フランクミュラーの純正部品の入手ルートが確立した時計修理専門店である

フランクミュラーの修理・オーバーホールの依頼先として、上記2つを満たした時計修理専門店を選ぶ必要があるでしょう。フランクミュラーは、その独特のケースデザインとムーブメントが原因で、フランクミュラー特有のトラブルがみられる時計メーカーでもあります。

フランクミュラーの修理・オーバーホールの依頼先となる時計修理専門店は、フランクミュラーに精通した時計修理専門店選びが重要な要素となってくるでしょう。

まとめ:フランクミュラーの並行品でも悲観することは一切ない

  • 正規品は証明書が発行できる
  • 保証書の名義変更は出来ないが保証は同じ
  • 並行品も時計修理専門店で問題ない

フランクミュラーは並行品に対して一切のメンテナンスの引き受けをメーカーが行わないことから、不安を抱えるフランクミュラーの並行品ユーザーも多いかも知れません。

しかし実際のフランクミュラーの購入は販売価格の大幅な違いから、並行品を購入されるユーザーが多いのが現状です。また、そういった並行品のフランクミュラーユーザーは、修理・オーバーホール等のメンテナンスの依頼先をメーカーにこだわることもないようです。

ただ何がなんでも正規修理にこだわるようであれば、残念ながらフランクミュラーは正規販売店一択の時計メーカーだということです。