高級時計の1つと認識されるオメガは、その豊富なラインナップも手伝って、多くのユーザーを抱える人気時計ブランドです。また、一部の時計メーカーのようなメンテナンス価格差を設ける「並行差別」を行わない時計ブランドとしても知られています。

こちらのページは、並行差別を行わないオメガの正規オーバーホールの内容を詳しくまとめたページとなっています。また、オメガでの並行差別と同意とされる「コーアクシャル」の自己防衛についてもご紹介しています。

【並行差別なし】オメガ正規オーバーホール価格とメンテナンス内容

種別 非貴金属素材 貴金属素材
クォーツ 51,700円 63,800円
クォーツクロノ 57,200円 80,300円
自動巻 63,800円 74,800円
クロノグラフ 85,800円 108,900円

* 非貴金属:スティール(プレート加工のものを含む)、チタン、セラミック製のリュウズ  貴金属:シルバー、ゴールド、プラチナ、パラジウム製のリュウズ

オメガ・コンプリートメンテナンス価格表

● 時計の真贋確認
● ケースとムーブメントの分解
● ムーブメントの洗浄
● 摩耗部品の交換
● ムーブメントの組み立て・注油
● ムーブメントの調整と機能の検査
● ケースとブレスレットの洗浄と研磨
● ケースの組み立てと防水機能の回復
● 最終検品

オメガの正規オーバーホール価格と作業内容は上記の通りですが、交換部品発生時には上記価格にプラスして部品代の請求が合わせて行われます。オメガは並行差別を行わないスウォッチグループ傘下の時計メーカーですので、正規品と並行品との間でメンテナンスの価格差は存在していません。

とはいえ、オメガの正規メンテナンス価格は高額な価格設定が行われています。また、一部に貴金属素材を使用したモデルでは、さらに高額な価格設定が行われてもいるようです。並行差別がないと言っても、この価格ではと疑問を持たれるユーザーが多いのもオメガの特徴の1つとなっています。

しかし、オメガのコンプリートサービスは全25項目にも及ぶ徹底したメンテナンス・オーバーホールを行います。正規ならではのパーツの豊富さを利用して、摩耗が強いパーツや不具合の原因となりそうなパーツは、予防整備的な観点から交換対応が積極的に行われます。

このような予防整備的なメンテナンスが、メーカー依頼の大きなメリットと捉えるユーザーも少なくありません。一方で、ただでさえ高額なメンテナンス価格に加えて、追加発生するこのような部品代の負担を良しとしないユーザーもまた多いです。

オメガ正規メンテナンスの依頼方法

● サービスセンターに持ち込む
● 正規代理店に持ち込み
● ピックアップサービスを利用する
【オメガ・サービスセンター】
● 北海道「札幌時計サービスセンター
住所:札幌市中央区南1条西3丁目8 札石ビル5F
電話:011-241-3002
営業時間:9:30~18:00
定休日:土・日・祝日
● 東京「オメガ カスタマーサービス東京
住所:中央区銀座7-9-18ニコラス・G・ハイエックセンター5F
電話:03-6254-7171
営業時間:11:00~19:00
● 愛知県:「中部時計サービスセンター
住所:名古屋市中区栄5-4-6
電話:052-243-6591
営業時間:9:30~18:00
定休日:日・祝日
● 大阪:「オメガ カスタマーサービス大阪
住所:大阪市中央区南船場3-11-18郵政福祉心斎橋ビル1F
電話:06-7739-0987
営業時間:11:00~19:00
● 福岡「スイス時計サービスセンター
住所:福岡市中央区天神3-14-31 天神リンデンビル4F
電話:092-731-6611
営業時間:9:30~18:00
定休日:土・日・祝日

オメガの正規メンテナンスの依頼方法は上記3つの方法があります。対面でのメンテナンス依頼を希望する場合は、全国5箇所のサービスセンターへの持ち込み、またはオメガ正規販売店への持ち込みが良いでしょう。但し、正規販売店でのメンテナンス依頼は10%の手数料をプラスされた請求が行われるようです。

また、東京・大阪以外のサービスセンターはオメガが属するスウォッチグループ直営ではありません。しかし、オメガより委託を受けた時計修理工房がメンテナンスを受け持っていますので、メーカー同様のサービスと部品供給が行われています。

正規販売店経由では手数料の負担があり、サービスセンターへの持ち込みでの「コンプリートメンテナンス」は東京・大阪のみということを考慮すれば、最もおすすめの依頼方法はスウォッチグループのピックアップサービスを利用することになるのではと思います。

スウォッチグループ(オメガ)ピックアップサービス

オメガ正規メンテナンスの特徴や注意事項と支払い方法

● 2年間保証
● ポリッシュサービス付き
● 見積もり後のキャンセルは3,300円(スイス送り16,500円)が必要
● 現金・クレジットカード・デビッドカード

オメガの正規メンテナンスであるコンプリートサービスには2年間保証とポリッシュサービスが付与されています。この2年間のメーカー保証はメーカー依頼の最大の安心材料となるものです。また、時計修理店等ではオプション扱いとなるポリッシュサービスもメーカーならではの正規メンテナンスの特徴となるものです。

とはいえ、オメガの正規サービスとなるポリッシュサービスはロレックスなどのポリッシュサービスとは違い、一般的にはライトポリッシュと呼ばれる汚れや極僅かな傷に対するポリッシュに抑えられ、使用に伴う小傷等の除去を約束するものではないようです。

また、オメガのピックアップサービスは見積もりのための時計送料と見積もり自体は無料ですが、見積もり後のキャンセルにはキャンセル料の請求が行われ、時計返送に伴う料金として1,100円の支払いが求められるようですので注意が必要となるでしょう。

見積もり後のキャンセルを含めたメンテナンス料金の支払いは引き決済のみとなっていますが、現金の他クレジットカードとデビットカードでの決済も可能となっています。

【自己防衛】コーアクシャルユーザーにできること

● オメガに特化した時計修理店で定期メンテナンスを行う
● オーバーホール頻度を上げて部品の消耗を防ぐ
● 部品交換時にのみメーカーを利用する
● コーアクシャル対応の時計修理店を利用する

時計メンテナンスの世界でしばしば問題となるのが「並行差別」の存在があります。しかし、オメガに関して「並行差別」は行われません。ですが、オメガでの「並行差別」と同意となるのが、オメガ独自の「コーアクシャル」ムーブメント搭載モデルの存在です。

ご存知のように、今ではオメガも自社ムーブメントとして「コーアクシャル」機構を搭載したモデルがほとんどです。さらにコーアクシャル搭載モデルは、その部品入手が困難なことでも知られています。

なので、並行差別を行う他のブランド同様にコーアクシャルモデルのユーザーにとっては、並行差別を行う時計ブランドのユーザー同様にメンテナンスに頭を悩ませるユーザーも多く、オメガの正規メンテナンスに優位性を感じられないユーザーも少なくありません。

とはいえ、コーアクシャルモデルも並行差別対策同様に上記を参考にすることで、ある一定の自己防衛ができるのではと思います。例えば、コーアクシャルであっても3〜4年の定期オーバーホールを行うことで消耗部品を減らすことが可能です。

また、今では海外ルート等を利用して純正部品入手を行う時計修理店も多くなってきています。なので、オメガの正規メンテナンスに価格を含めた優位性を感じないようであれば、そういった時計修理店の利用をするか、もしくはメーカー依頼を最小限に抑えることが最良の方法なのかもしれません。

まとめ:オメガもそれぞれに対処すれば良い

こちらのページではオメガの正規メンテナンスについて、まとめてみましたが参考になったでしょうか。オメガは一部の時計ブランドのような並行差別の存在はありません。しかし、並行差別同様にコーアクシャルモデルの存在があります。

オメガも並行差別を行う時計ブランド同様に、その販売価格差がとても大きな時計ブランドの1つです。また、並行差別を行わないことも手伝って並行品ユーザーが多い時計ブランドでもあるようです。

と同時に、その価格差を正規メンテナンス価格に置き換えても、正規メンテナンスに対して疑問を持たれるユーザーが多いのも事実です。とはいっても結局は、オメガユーザーそれぞれにメンテナンスに対する考え方にも違いがあるようですので、それぞれに対応すれば良い問題なのかもしれません。

コーアクシャル対応の時計修理店ランキング