時計の修理・オーバーホールには、特別なスキルや知識と共に「国家資格」を有した者だけがその取り扱いを許されています。時計修理・オーバーホールは、一般的に時計時術者と呼ばれる「国家資格」を有した「時計修理技能者」によって行われています。

この「時計修理技能者」の中でも、機械式時計の修理・オーバーホールが許されているのが「1級時計修理技能士」となります。こちらでは、時計修理・オーバーホールを行う「時計修理技能士」についてまとめてみました。

時計修理技能士とは?受験資格や受験内容の違い

時計修理技能士は、アナログ時計修理に関する関する知識・技術を認定する国家資格の1つとなるものです。この「時計修理技能士」の資格認定には、各都道府県の職業能力開発協会が実施する時計修理に関する学科試験と実技試験に合格しなければなりません。

「時計修理技能士」には、その技能と経験において1級〜3級まであります。その資格内容や受験資格は次の通りとなっています。

【1級】時計修理技能士

  • 資格内容:クォーツ時計から機械式時計までの分解・洗浄・組立てを行える者
  • 受験資格:実務経験7年以上・3級合格後4年の実務経験・2級合格後2年の実務経験
  • 学科試験内容:時計・時計修理法・機械要素・材料・電子及び電気・安全衛生
  • 実技試験内容「課題① 」:クォーツ時計の分解、部品交換(巻真)、洗浄、組立て、注油、調整及び測定
  • 実技試験内容「課題②」: 機械式時計の分解、洗浄、組立て、注油、調整及び測定
  • 実技試験時間:4時間30分

【2級】時計修理技能士

  • 資格内容:クォーツ時計の分解・洗浄・組立てを行える者
  • 受験資格:実務経験2年以上・3級合格者
  • 学科試験内容:時計・時計修理法・機械要素・材料・電子及び電気・安全衛生
  • 実技試験内容:クォーツ時計の分解、部品交換(巻真)、洗浄、組立て、注油、調整及び測定
  • 実技試験時間:4時間

【3級】時計修理技能士

  • 資格内容:クォーツ時計の電池交換・バンドの取り付けや取り外しができる者
  • 受験資格:実務経験6ヶ月以上
  • 学科試験内容:時計・時計修理法・機械要素・材料・電子及び電気・安全衛生
  • 実技試験内容:クォーツ時計の電池交換、バンド調整
  • 実技試験時間:1時間15分

時計修理技能士の資格や資格試験は1級〜3級までありますが、機械式時計の修理・オーバーホールに携われるのは、本来は1級の時計修理技能士のみにその資格が与えられています。ちなみに1級時計修理技能士の合格率は非公開となっているようですが、全国平均で40%前後だと言われています。

まとめ:時計修理・オーバーホールは1級時計修理技能士に委ねよう!

今回は時計修理・オーバーホールを行う時計修理技能士についてお伝えしてみましたが参考になったでしょうか。時計修理・オーバーホールの現場では、1級〜3級時計修理技能士が日々その作業に取り組んでいるようですが、自身の大切な時計は優秀な時計修理技能士に委ねたいものですね。

時計職人といえば昔気質の年配技術者を想像しがちですが、ここ最近は時計修理技能士を目指す若い世代も増えているようですね。時計の修理・オーバーホールを依頼する側から、依頼される側になるのもアリかもしれませんね(笑)。