時計修理工房ネオスタンダードは、全国59店舗の買取店を展開している「ネオスタンダード」の時計修理部門となっています。なので、買取部門で仕入れた時計のメンテナンスは「時計修理工房ネオスタンダード」で行われています。

そして「時計修理工房ネオスタンダード」の修理・オーバーホールの作業に携わるのは、すべてが経験を積んだ熟練技術者のみとなっています。また「顔が見える」時計修理専門店としても、多くの時計ユーザーから認識されているようです。

こちらでは、そんな「時計修理工房ネオスタンダード」の豊富な修理実績の中からオメガ・シーマスターの修理・オーバーホール事例と、その価格についてまとめています。

【時計修理工房ネオスタンダード】シーマスターの修理事例と料金

ご依頼頂いたすべての時計の修理やオーバーホールを担当するのは、10年以上経験している時計修理技師のみです。「誰が修理をやっているかわからない」という修理工房ではなく、「時計修理技師の顔が見える修理工房」です!
引用元:https://repair-neosta.com

オメガ ネオスタ基本価格 メーカー価格
クォーツ 19,000円 47,000円
自動巻 23,000円〜 53,000円
クロノグラフ 32,000円〜 78,000円

シーマスター コーアクシャル cal.2500C

  • 依頼内容:オーバーホール
  • 修理内容:オーバーホール
  • 不具合原因:油劣化

【修理内容・料金】

  • オーバーホール・・・・・・・27,000円
  • 合計・・・・・・・・・・・・27,000円

【技術者コメント】オメガ独自の機構を組み込んだコーアクシャルムーブメントを備えたモデルとなります。定期オーバーホールのご依頼ですので、ムーブメント内の油の劣化が見られますが部品の交換はありませんでした。

シーマスター クロノグラフ

  • 依頼内容:オーバーホール・遅れ・水気の混入
  • 修理内容:オーバーホール・部品交換
  • 不具合原因:油劣化・水気混入

【修理内容・料金】

  • オーバーホール・・・・・・・32,000円
  • パッキン・・・・・・・・・・4,000円
  • 合計・・・・・・・・・・・・36,000円

【技術者コメント】ムーブメントの油の劣化が見られます。また、水気の混入のために風防に曇りがありました。ただし、サビ等の不具合は確認できませんでした。リューズのロック忘れや、パッキンの劣化が原因の水気の混入は早急に専門家への依頼が必要になってきます。今回は、パッキン交換とオーバーホールで対応可能でした。

シーマスター アプネアcal.3601

  • 依頼内容:オーバーホール・遅れ
  • 修理内容:オーバーホール
  • 不具合原因:油劣化

【修理内容・料金】

  • オーバーホール・・・・・・・34,800円
  • 合計・・・・・・・・・・・・34,800円

【技術者コメント】シーマスター のモデルの中でも珍しいアプネアの定期オーバーホールでの依頼です。カウントダウン機構搭載モデルで部品点数も多く、油が劣化しやすいモデルですので定期オーバーホールをおすすめします。油の劣化は確認できますが、ムーブメント内はキレイな状態でオーバーホールのみの対応です。

シーマスター300m cal.1120

  • 依頼内容:オーバーホール・遅れ・止まり
  • 修理内容:オーバーホール
  • 不具合原因:油切れ

【修理内容・料金】

  • オーバーホール・・・・・・・23,000円
  • 合計・・・・・・・・・・・・23,000円

【技術者コメント】オメガのスタンダードなキャリパー搭載モデルです。遅れや止まりの症状があるとの事でしたが、ムーブメント内は油切れの状態でした。油切れの状態での使用という事で、部品の劣化が見られますが再利用可能と判断してオーバーホールのみでの対応で精度も取り戻すことが出来ました。

「時計修理工房ネオスタンダード」依頼方法と支払い方法

宅配修理
持ち込み修理

「時計修理工房ネオスタンダード」では、郵送サービスを利用した「宅配修理」と、「時計修理工房ネオスタンダード」の工房と全国59店舗の取次店への「持ち込み修理」にも対応しています。なので、「ネオスタンダード」の各店舗と、工房へと足を運んでの対面依頼が行えます。

とはいえ、「時計修理工房ネオスタンダード」への修理・オーバーホールの依頼のほとんどは、郵送サービスを利用した「宅配修理」となっています。多くの時計修理専門店では、郵送サービスを利用して無料見積もりを依頼しますが、「時計修理工房ネオスタンダード」では無料お見積もり窓口」を利用して連絡することで、大まかな修理・オーバーホール費用の確認を行うことが出来ます。

「時計修理工房ネオスタンダード」支払い方法

「工房ご来店での支払い
【現金、クレジットカード各種、PayPay、LINEPAY、楽天PAY】

宅配修理での支払い
銀行振込※1、オンライン決済(ペイジ)、e-コレクト(代引き決済)※2
※1 振込手数料はお客様負担となります。
※2 代引き手数料:660円

買取店取次での支払い
現金、オンライン決済(ペイジ)、PayPay

「時計修理工房ネオスタンダード」は、現金決済以外にもクレジットカード決済にも対応しています。さらに、「時計修理工房ネオスタンダード」店頭への時計引き取りに足を運べるユーザーに対しては、paypayなど最近のキャッシュレス時代を反映した多くの決済方法の用意もあります。

「時計修理工房ネオスタンダード」基本情報


【住所】東京都墨田区押上1-23-1 2F
【電話】03-6658-8567
【URL】https://repair-neosta.com
【営業時間】10:00~19:00
【取り扱いブランド】ロレックス・オメガ・フランクミュラー・カルティエ・ブルガリ・パネライ・ブライトリング・IWC・タグ・ホイヤー・エルメス・ルイヴィトン・シャネル・ショパール・パテック・フィリップ・ヴァシュロン・コンスタンタン・ピアジェ・ジャガールクルト・ゼニス・チュードル・ブレゲ・ブランパン・ハミルトンetc

まとめ:スタンダード・キャリパーからコーアクシャル・キャリパーまで安心・安全

今回は、「時計修理工房ネオスタンダード」での豊富な修理実績の中から、オメガ・シーマスター修理・オーバーホールの事例とその料金についてまとめてみました。

オメガのシーマスター を含めた各モデルは、オメガ独自のコーアクシャル・ムーブメントモデルの普及と共に、その修理・オーバーホールをメーカー以外を検討した場合は、その選定には見極めが必要ですが「時計修理工房ネオスタンダード」は安心・安全な依頼先となるでしょう。

「時計修理工房ネオスタンダード」公式サイト