【ZENITH】

ゼニス(ZENITH)正規メンテナンス総まとめ|並行差別の有無と特徴

ゼニス(ZENITH)はロレックスのデイトナをはじめ、タグホイヤーやパネライ,ウブロなどの人気モデルにも搭載されたクロノグラフムーブメント「エルプリメロ」を作り出したスイスの老舗高級時計ブランドです。

こちらのページでは、ゼニス(ZENITH)の正規オーバーホールの内容を詳しくまとめたページとなっています。ゼニス(ZENITH)はLVMHグループ傘下ですので、当たり前のように「並行差別」が存在しています。

【並行差別】ゼニス(ZENITH)正規オーバーホール価格

モデル 正規品価格 並行品価格
エリート(1Aシンプル) 43,000円 64,500円
エリート(1Bシンプル) 51,000円 76,500円
エル・プリメロ(2Bシンプル) 55,000円 82,500円
エル・プリメロ(2Bコンプリケーション 65,000円 97,500円

上記の料金表はオーバーホール基本価格となります。交換部品発生時には上記価格にプラスして、部品代の請求が合わせて行われます。また、ゼニス(ZENITH)は並行差別を行う時計グループとして知られるLVMHグループ傘下の時計ブランドとなります。

このLVMHグループは日本国内において、正規品と並行品との間にメンテナンスの価格差を設けています。その価格差は1,5倍となります。尚、LVMHジャパンのカスタマーサービスはブランド毎に人員が決められ、ゼニス(ZENITH)担当となるのは10人前後の技術者となるようです。

ロレックスのように自社内で全てを完結できる人員の配置がないゼニス(ZENITH)のカスタマーは、その一部を外部のメンテナンス委託先へと送られる個体も少なくないようです。

ゼニス(ZENITH)正規メンテナンスの依頼方法

● サービスセンターに持ち込む・郵送する
● 正規代理店に持ち込み

ゼニス(ZENITH)の正規メンテナンスの依頼方法には、上記2つの方法があります。対面での依頼を希望する場合には、サービスセンターへの持ち込み、またはゼニス(ZENITH)正規販売店への持ち込みが良いでしょう。

但し、正規販売店でのメンテナンス依頼は手数料をプラスされた請求となるでしょう。尚、サービスセンターへ郵送にて依頼することも出来ます。但し、事前に電話での確認を行なってください。

ZENITHサービスセンター
住所:東京都江東区東陽6-3-2 イースト21タワー18F
電話:03-5635-7036
営業時間:10:00~19:00
定休日:土・日・祝日

ゼニス(ZENITH)正規代理店を検索する

ゼニス(ZENITH)正規メンテナンスの特徴と注意事項

● 2年間保証
● 保証書発行
● ポリッシュサービス別料金(20,000円〜30,000円)
● スイス見積もりキャンセル料9,900円

ゼニス(ZENITH)の正規メンテナンスは、2年間保証と品質保証のために保証書が付与されています。この2年間のメーカー保証は、メーカー依頼の最大の安心材料となるものです。

また、正規メンテナンス後には保証書が発行されますので、品質保証の大きな担保となるでしょう。しかし、ゼニス(ZENITH)の正規オーバーホールにはポリッシュサービスが付いていません。

なので、ポリッシュを希望する場合は別途、料金のアップチャージがあります。また、オーバーホール同様に保証書の提示がない並行品には、上記ポリッシュ料金もそれぞれ1,5倍の料金が提示されます。

そして、ゼニス(ZENITH)はモデルによってスイス見積もりとなる個体がありますが、その際の見積もり後のキャンセルには9,900円の請求が行われます。

ゼニス(ZENITH)並行品ユーザーにできること

● ゼニス(ZENITH)に特化した時計修理店で定期メンテナンスを行う
● オーバーホール頻度を上げて部品の消耗を防ぐ

ゼニス(ZENITH)は販売価格の違いもあって、並行品ユーザーの多い時計ブランドの1つとなっています。そして、ゼニス(ZENITH)の正規メンテナンス価格が高額だと感じる並行品ユーザーが少なくありません。また、1,5倍の格差を受け入れ難いユーザーもいるようです。

そこで上記2のことを意識することで、メーカーメンテナンス以外の選択肢も出てくるのではないかと思います。ゼニス(ZENITH)も他ブランド同様にオーバーホール間隔4〜6年を推奨していますが、まずはこの間隔を3〜4年とした定期オーバーホールを行うことです。

オーバーホール間隔を短く設定して、部品の消耗を減らすことが最良です。そのためには、ゼニス(ZENITH)に精通した時計修理店選びが必須です。ゼニス(ZENITH)を含めて、並行差別を行う時計ブランドとの上手な付き合い方は、優秀な時計修理店を利用して定期オーバーホールを行い、部品の消耗を防ぐことが大切なようです。

【オロロジャイオ】ゼニスの時計修理・オーバーホール事例を紹介したページを見てみる

まとめ


こちらのページでは、ゼニス(ZENITH)の正規メンテナンスをまとめてみましたが、参考になったでしょうか。ゼニス(ZENITH)は、一部の時計ブランドに見られる並行差別を行うグループ傘下の時計ブランドです。

また、ゼニス(ZENITH)は部品代が高額なことでも知られています。特に並行品ユーザーの正規メンテナンスでの請求は、ある程度の覚悟も必要になってくるかもしれません。

そういった場合の選択肢として、正規メンテナンスでないとイヤだと思われない限り、ゼニス(ZENITH)に精通した時計修理店を利用してみることの最良な解決となるのではないでしょうか。

時計修理専門店比較一覧ページを見る

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

POPULAR POSTS

PICK UP

  1. 時計修理の千年堂

SPECIAL POSTS NEW POSTS

PAST POSTS

  1. 時計修理専門店の見極め方とは?その基準はこの3つで確かめろ!
  2. 【千葉県】時計修理・オーバーホールで評判の3店舗を紹介します
  3. ロンジンの正規オーバーホールでの並行差別や価格などの特徴まとめ
  4. WATCH COMPANYのロンジン修理事例や料金とその申し込み方法
  5. 時計修理の千年堂が日本最大級の修理・オーバーホール実績の理由!
PAGE TOP